調和の世界へ

人は皆、平等

その言葉をはき違えてはいけない

皆で得たものを、皆で分ける

これは平等ではない

ひとりひとりに責任があるのだ


誰かがやってくれる、そんな世界はうまくいかない

自らが責任を自覚し、それを全うしなければ始まらないのだ


この世界は澱みに満ちている

その澱みは人間が生み出し、まき散らしたものだ

それを誰がきれいにするのだろう?

その業は、自らに還ってくるのだ

汚したものは、きれいにする責任がある

それは、波動だって同じこと

自らが気づかず、自覚せず、汚し続けた結果

澱みとなって、自らを苦しめる


一人一人が、それに気づき、自覚し、

綺麗に浄化していくことをしなければ

何も変わらないのだ


自らに降り注いでいる病、災難は、自らが生み出したもののが原因だ


自らが澱みをまき散らす行為に気づき、

それを改めることこそ、

不調和を調和に返る最初の一歩である


白(はく)の浄化の世界

本当に浄化を行うためには、体感が必要になってきます。 その体感を伸ばすための投稿や、実際にリアルであって体感するお茶会などを紹介します。